遺品整理 こころ

お問い合わせ・ご相談はこちら

2.遺品整理業はどのような仕事

2019.07.03

2.遺品整理業はどのような仕事

遺品整理

遺品整理業者とはどういったことをする人たちなのでしょうか?




 

業種としてすることは、遺品整理を行うことに他なりませんが、この職業が仕事として成り立つようになったのは
戦後に入ってからだと言われております。
それまで”遺品整理”はご遺族の方がほとんど行っていたことで知られており、
職業として遺品整理業を行う人たちが台頭にしたのは、まだ間もない状況です。

 

ではなぜ”遺品整理業”という業種が生まれたのでしょうか?


以前では、家族がなくなり。遺品整理を行う際に遺族だけでは対処できないと判断された場合には

何でも屋さん


のように依頼に応じて対処してくれる人たちや、

葬儀屋さん


のように人の死に立ち会う仕事をされている人たち、

遺品の処理という点から、

廃棄物収集運搬業者


にお願いすることが多くありました。

しかし、近年【高齢化】の進行に加えて、【核家族化】が進んだことによって、高齢者の孤独死が増え、
死後から日数がたち、発見に至ることが多くなってきました。
事態に応じ、遺品整理を専門に行う業者が台頭するようになってきたのです。
高齢化や核家族化の進行は、孤独死の増加を生み、それに応じて、専門業者が必要になってきたのは、必然だったとも考えられます。




遺品整理の事であれば、私たちこころへお気軽にご相談下さい。

0120-600-128
info@cocoro-ihin.com


お電話、メールでもお待ちしております。
一覧へ戻る