近年、遺品整理業者が多くなった理由の一つとして深刻な社会問題2つを挙げたいと思います。

1.独居老人の孤立死の増加
2.核家族化や高齢化の進行

孤立死の増加

先程も述べたように、遺品整理を専門業者が行う機会が増加してる裏には、親子が離れて暮らし、高齢になっても繋がりの希薄さから、高齢者のみの家庭が増えていることにあると言えます。もちろん、高齢者のみの世帯が多くなれば、高齢者の孤立死増加の原因にも繋がってしまいます。


さらに、孤立死などの場合には、故人の子どもたちが遺品の扱いに困り、すべてを業者に頼む他、以前のように形見分けなどは行わず、遺品処理とも言われるほどの位置付けにもなっております。こうした場合では、処理に困り、専門業者に依頼して処理してもらうケースが多く、孤立死の増加は、特に遺品整理業と関連性の強い問題といえるのです。

核家族化・高齢化による影響とは

核家族化の進行により、親子が別々に暮らし、2世帯、3世帯でと複数世帯で暮らすことが少なくなっております。
さらには、世帯の高齢化も進み、高齢者のみで暮らす家庭も増加傾向にあります。こうした状況が起因し、単身の高齢者が亡くなったことに気づかず、時間が経ってしまった状況での発見が多くなっています。関係が希薄化している状態では遺品整理や形見分け等においても、本来であれば負担とはならないものですが、大きな負担となってる状況にもあります。

社会問題化していく孤立死の問題に加えて、さらに拍車をかける核家族化、高齢化の進行があり、
遺品整理業者が求められる理由に、こうした社会問題も関連していることも押さえておきたいものです。

このような、社会問題の需要に対して対処していく事が今後必要になると考えられております。