こんにちは、こころの安部です。
最近は暖かくなってきたように感じますが、まだまだ風は冷たいですね。
寒暖差で風邪を引かないようにご注意ください。
さて、“こころ”では遺品整理の他にも「お焚き上げ」もさせていただいています!
言葉は知っているけれど、『実際どういうものなの?』という方も多いと思いますので、
今回はお焚き上げについてお話ししたいと思います。

◆お焚き上げとは?
故人が生前に大切にされていた遺品などを神社やお寺で供養していただいた後、焼いて天に還すことを指します。
お焚き上げできる品々は、仏壇仏具や神棚、お守り、人形、写真などになります。
お焚き上げには、様々な意味や効果があるのはご存知でしょうか。

・故人様へ品物をお返しできる
・悪い縁を切ることができる
・感謝の気持ちを伝えることができる

お正月が明けたころに行われている「どんど焼き」は、しめ縄や松飾を焼く全国的に行われているお焚き上げ行事です。
故人の遺品や品物を供養するためのお焚き上げの日にちについては、厳密な決まりはありません。
お焚き上げが必要だと感じた時、区切りをつけたい思った際に行うのが一般的です。

お焚き上げは「捨てにくい品物を処分するための廃棄方法」ではありません。
遺品整理こころでは、故人を偲び、感謝の気持ちを込めて行う儀式をお手伝い致します。