皆様こんにちは、こころの安部です!
街がイルミネーションに彩られるのが目に入るようになりました。
今年は3密を避けて、お家クリスマスで楽しむ方も多いのではないでしょうか。
さて、本日は『生前整理』と『老前整理』についてお話したいと思います。
どちらも似たような言葉ですが、その違いについては全く異なるものなのです。

・生前整理
生前整理とは、残される家族が相続や遺品整理などで苦労しないよう、生前に財産などをあらかじめ整理することを指します。
老年や、病気を発症するころに始めるという方も少なくありません。
遺言書の作成や、エンディングノートの作成などもここに含まれます。

・老前整理
老前整理とは、老後を迎えるにあたり、老後の生活のために身の回りを整理しておくことです。
40~50代の頃から準備を始めるという方もいらっしゃいます。
残された家族のために行う『生前整理』に対して、こちらは自分のために行う整理という意味合いがあります。

自分の老後の為に『老前整理』をし、
残される家族の為に『生前整理』をし、
そしてその家族が『遺品整理』を行なう。
どの整理についても、大変な苦労があります。
弊社、遺品整理こころではそのお手伝いをさせて頂きます。お気軽にご相談ください。