遺品整理は、故人のプライバシーに関わるものなので、可能であれば、家族や親族など故人と近しい人の手で行うべき作業です。
ある程度の時間をかけ、遺品整理することで、故人を思い出す品々を触れ、見つめ、思い出を感じながら、処分することが目的と割り切って整理していくと、自然に故人とのお別れを受け入れられるようになります。


しかし、ゆっくり遺品の整理が出来ないこともあります。
故人が賃貸物件に住んでいた場合、月々の家賃が発生するため、なるべく早く遺品を処分する必要があります。
ひとり暮らしであっても、荷物はそれなりの量がありますし、仮に孤独死だった場合などは、もう自分たちだけではどうしようもありません。
また、遺品整理を担うべき身内が全くいない場合も考えられます。

その場合、第三者が行う場合は、業者に依頼するしかありません。 遺品整理を業者に依頼をすると料金はかかりますが、時間がない、人手がない、処分する物が多い場合は、遺品の整理から処分まで請け負う、遺品整理業者に依頼すると便利です。
遺品整理士がいれば、遺品ごとの処分方法を熟知し、法規制の知識もあるので、しっかり対処していただけます。
遺品整理士は、遺品を整理する知識を身につけるだけではなく、遺族との関わり方も大切な仕事のひとつです。
弊社は、遺品整理士の資格を持つスタッフが作業に当たらせて頂いております。