自身の死後に、持ち物をどのように処分してほしいか、あるいは遺品として誰に渡したいかなど、遺言状に記述するほどのことではないことを記載するのに役立つのがエンディングノートです。


エンディングノートは元々、自分のお葬式のやり方や、訃報を伝える相手など、自分の死後に関する要望などを書き記すためのノートです。自由に書くこともできますが、書くべき項目が設定されているノートも販売されており、遺言状のような法的効力はないものの、小さなことでも書いて残すことができるというのは魅力です。もしも体力的に生前整理ができないという場合には、エンディングノートだけでも書いておけば心の整理ができるかと思います。