近頃、終活という言葉がメディアなどで取り上げられるようになり、生前整理という考え方も広まってきています。


生前整理とは、体が動くうちに、自分の判断で、残したい財産と不用品を分け、整理しておくことです。
「生前整理」はなぜ必要なのでしょうか。

・自分自身を振り返る
生前整理をすることにより、これまでの人生を総括することができ、精神的にもすっきりします。
身の回りの整理ができれば、これからの余生を前向きに過ごしていくことができることでしょう。

・遺族に迷惑をかけない
生前整理では財産もわかりやすいように、書面にまとめておきます。
そうすることによって、残された家族へもうまくつたえることができ、捜索労力を軽減させることができます。


相続人にとっては、どんな遺産がどこにあるかが簡単に把握できれば、手間や時間をかけることもなくなります。


いつ何が起きるかはわかりません。
入院をして自宅に戻れなくなったり、判断能力が低下してしまってからでは、生前整理することが難しくなります。


「まだ早い?」というくらいのタイミングで、生前整理は早めにはじめることをおすすめします。