遺品整理の需要が急増する中、さまざまなトラブルが増えているのは事実です。
遺品整理では、家族、親族間のトラブルが多く起こります。
とくに多いのは、遺品整理の費用負担についてで、揉めることがあります。

誰が費用を負担するのか、分担する場合でも、その割合をどうするのかで、揉めるのです。
相続が絡む場合は、相続権を持つ親族間で、公平に分担すれば問題はありません。


しかし、実際には、特定の親族だけが負担することになり不満がたまるケースがあります。
遺品整理では、形見分けの有無や内容について親族間で揉めやすいものです。


特に金銭価値が高いものは、形見分けとして複数の人が欲しがることがあります。
親族間でよく話し合って、納得する方法で分配しましょう。


ですが、形見分けは義務ではありません。
揉めるようなら、形見分けはしないと断言するのもよいでしょう。


親族間で遺品整理のトラブルを防ぐには、作業を始める前によく話し合っておくことが大切です。
問題が起きないように事前準備をお願いします!!