パソコンやスマートフォンのデジタル機器が普及することに伴い、形のないデータである、デジタル遺品というものもあります。
デジタル遺品は、遺品として残されたデジタル機器内に保存されたデータやインターネット上の登録情報などのことです。
代表的なものは、下記のようなものがあります。

・画像や動画
・各種ログインIDやパスワード
・連絡先情報
・ブログ、SNS
・銀行、クレジットカードの利用履歴
・株、FX、仮想通貨

パソコンやスマートフォンにはとてもプライベートな情報が入っていることがあります。
場合によっては、犯罪、不倫・・・
残された家族に、心の傷や不和を起こす原因となることもります。


故人のプライバシーを守るためにも、家族の心を守るためにも、深く探らないほうがよいこともあります。


実は普通の遺品以上にデジタル遺品は厄介です。
サイトなどに登録されている、IDとパスワードは本人しかわからないことがほとんどです。
これを、取得するための手続は、けっこう面倒です。


本人が生前のうちに管理・整理・処分についてしっかりと考えておかなければいけません。
とくに銀行口座、証券取引、お金に関わるものの管理は、早めに対策をしておくことが重要です。
パソコンやスマートフォンに詳しくない方は、パスワードを探したりデータを削除したりするのは一苦労です。

また、家族のプライバシーを暴きたくないという方もいるかと想います。


そんなときは、プロに依頼することをおすすめします。
特にデータの削除に関しては専門業者に依頼することで安全性が高まるので、
データの削除だけでもプロに任せることをおすすめします。
こころでも、そのようなご相談をお受け致しますので、お気軽にご連絡下さい。