遺品の整理も終わり、実家(不動産)を相続なんてこともよくある話です。
相続したはいいけど、誰も住まずに保有すると、「空き家」となります。
もし、用途のない家(不動産)を所有しているのであれば、できるだけ早くに、
なんらかの処分を検討されることをお勧めします。


都市圏に近かったり、地方でも人気のエリアで立地が良ければ、空き家を賃貸物件として貸すのも立派な処分方法です。


近年では、古民家をゲストハウス(シェアハウス)、カフェなどにリノベーションして利用されることが多くなってます。
そういった分野に強い不動産会社、建築会社もいるため、相談してみてはいかがでしょうか。
こころでも信頼出来る不動産会社様、建築会社様をご紹介する事が出来ますので、ご相談下さい!!

ただし、手間がかかったり、費用がかかったり、リスクが高かったりすることは否めません。
また、地域によっては用途地域という法律により、住宅以外の用途に制限されている場合もあるため注意が必要です。


空き家を売却して処分することが、一般的な処分方法かと思います。
ここで注意をしたいのが、基本的には更地の方が処分しやすい(売却)ということです。
空き家は、ほとんどの場合、古い木造住宅で耐用年数を過ぎていたりし、耐震基準を満たしていないことが多く、購入後に取り壊して建て替えをしなければならないからです。


そのため、建物があると解体処分費用が余分にかかるため、土地だけの方が高く売れることが多いのです。
いずれにせよ、空き家を処分する際には、絶対に家の中を片付けることです。
空き家の中に、生活用品が残っていたりしては、空き家自体の処分はできません。
処分品は膨大な量ですし、運び出すだけでも時間と人手がかかります。


一軒の空き家をきれいに片付けようと思ったら、専門の業者へ依頼をすることを強くお勧めします。
こころでも空き家整理を行ってますので、お値段を抑えながら、ご依頼者様に合ったプランをご提供させて頂きます。