遺品と聞くと、ちょっとしたものと思いがちですが、自動車なんてこともあるかと思います。
でもこれは、相続と言ったほうが良いかもしれません。

自動車の場合は、お金や、ちょっとした物のにように、簡単に贈与したり、相続したりできるものではありません。
不動産(住宅)もそうですが、行政機関に所有者を登録していますので、個人間の意思表示のみでは、完結しません。


名義を変更する場合は、申請書、車検証、戸籍謄本などを持ち、各都道府県の運輸局に行かなくてはいけません。
しかも、平日の日中に時間をとって行かなくてはならない為、非常に大変です。


自動車に、ローンが残っている時には注意が必要です。


ローンで購入した自動車は、ローン会社の所有となっていることがあります。
ローンを返済中では、相続できないことになるのです。


行政機関に所有者登録している、自動車や不動産は手続が非常に面倒です。
後回しにすると、誰も使用していないのに、税金がかかってしまうことにもなります。


このようなことも、こころにご相談いただければアドバイスさせていただきます。
もちろん、専門の信頼出来る業者様の紹介も行っておりますので、お気軽にご連絡下さい!!