遺品整理で、絶対に出る処分品に洋服があります。
特に大きなものではありませんが、以外に量が多く、重量もあります。

日本の製品は、布地も縫製もしっかりしているので、海外で喜ばれるようです。
災害被災地や、途上国など、衣服を必要としている人に届けるNGO(NPO)団体などに寄付をするという選択肢もあります。


着なくなったり、不要になったりしたものとはいえ、どんな状態のものでも寄付していいわけではありません。
古びた衣類を寄付するのはNGです。 寄付とは善意の気持ちです。
相手に喜んでもらえる品を贈ってこそ、故人にも喜んでもらえるのではないでしょうか。


また、寄付先によっては、個人の名入りもの、制服や作業着は受け付けていない場合がありますので事前に確認しましょう。


衣類の中にも高価なもの、価値のあるものがありますので、確認なしで処分してしまうと、相続トラブルに発展する可能性もありますので注意が必要です。
「衣服 寄付 団体」などと検索すると、寄付団体が多々見つかります。

・NPO法人 日本救援衣料センター
・NPO法人 セカンドライフ
・ワールドギフト

*上記は、検索して表示された団体様です、実際に利用確認はしていません。
寄附の際は、是非調べてみてください。